TOP

スポンサーKataribe

「何もいらない」は本心じゃない!期待に応えたい母の日のプレゼント

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


毎年プレゼント選びに悩む母の日。私の母は60代後半なのですが、この年齢になるとほとんどのものは持っているんですよね。
物欲も食欲もあまりなく、あるとすれば孫へのプレゼント欲くらい。
毎年、母の日近くなると「何が欲しい?」「私はもう何もいらないよ。」という会話を交わすが恒例となっておりますが「何もいらない。」は本心じゃないんですよ。
私にも子供がおりますが、子供が小さい頃は、母の日になると私に手作りのプレゼントをくれました。
がんばって作ってくれた折り紙の鶴だったり。一生懸命描いてくれた私の顔だったり。とても嬉しかったですね。
しかしここ数年、悲しいことに母の日はスルー。子供も部活に勉強にと大変なのはわかっておりますが、いざなくなると寂しいものがあります。

さて、今年の母の日のプレゼントですが、今年は家事が楽になるものをテーマにプレゼント探しをしようと思います。
今のところ候補に挙がっているのは「高級レトルトカレーセット」「真空パックの惣菜(高級そうなもの)」「家事楽グッズセット」「家事楽家電」この4つです。

主婦にとって毎日の食事作りは、面倒な家事の一つ。このプレゼントで少しでも楽になってくれると良いのですが。
4つの候補の中から選び、ゴールデンウィーク中に購入をする予定です。
母の日はカーネーションと、選んだプレゼントを渡したいと思います。

.

最終更新日:2017-04-30 08:58

コメント (0)